ワクチン接種の予約が5月7日から始まります。接種方法・接種場所を決めて、ご自身の予定を確認しながら、2回分の接種予約の準備を始めてください。

2021/05/04

枚方市議会議員の奥野みかです。

枚方市の新型コロナウイルスのワクチン接種の予約は、5月7日(金)午前9時、接種券送付済の高齢者から始まります。(2021年度中に65歳に達する1957(昭和32)年4月1日以前に生まれた高齢者の皆さんには接種券を送付済みです。)

接種開始は5月17日(月)からです。

枚方市において、65歳以上の高齢者の数は約114,000人です。6月30日までの予約受付可能数は約80,000回で、今後、ワクチン供給量等に合わせて予約受付件数も拡大していくとのことです。
ワクチンの接種は2回必要で、1回目の接種から3週間あけて、2回分の事前予約をします。ご自身の予定を確認して、2回分の事前予約を行ってください。

(「3週間あける」例)

 

「個別接種」(地域の医療機関/かかりつけ医)で接種するのか、「集団接種」で接種するのか。

「個別接種」で、かかりつけ医の場合は、直接医療機関に電話をしてください。

「個別接種」で一般の医療機関(接種可能医療機関)や「集団接種」の場合は、インターネットの予約システム(24時間受付)を使うか、予約・相談コールセンター「0120-885-755」(毎日午前9時~午後6時)で予約するか、いずれかの方法で予約を行ってください。

枚方市 新型コロナワクチン接種予約システム

聴覚や発語に障害がある人は、予約・相談コールセンター「FAX:894-8031」に、氏名、ファクス番号、接種希望を書いて送付してください。
なお、案内資料の点訳版は、5月10日以降、新型コロナワクチン事務処理センター(保健センター4階)及び市役所別館1階福祉事務所(障害福祉担当)に設置予定で、音訳版は、5月6日以降、同2か所で配布するとともに市ホームページに掲載予定とのことです。

下記フローを参考に、予約する準備をしてください。

なお、下記の「個別接種」の会場は「市役所周辺」のみを、「集団接種」は「市民会館」のみ掲載しています。詳細は「広報ひらかた5月号」をご覧ください。

 

※下記は、対象者に送付されている説明資料です。

 

 


 

新型コロナワクチン接種臨時予約サポートコーナーの設置について(枚方市ホームページ)

インターネットを普段利用されない方等の予約に対応するため、5月7日(金)~5月14日(金)の間、端末を設置し、システムでの予約サポートコーナーが臨時で開設されるとのこと。

設置期間:5月7日(金)、10日(月)、11日(火)、12日(水)、13日(木)、14日(金)の午前9時~午後5時30分

設置場所:市民会館1階(第1・2集会室)/津田支所/北部支所/香里ケ丘支所

 


 

【参考】

いずれも「集団接種」は「市民会館」のみ掲載していますが、「個別接種」の会場が下記の地区となる資料を掲載しています。

▶ 宮之阪・中宮周辺(中部地域)

▶ 須山・田口周辺(中部地域)

なお、この情報ボードは、地域の方のご協力を得て、掲示させていただいています。

 


 

◆ 新型コロナワクチンに対する質問はこちらを(厚生労働省ホームページ)。


 

◆ 接種当日の持ちものについて

 

◆新型コロナウイルス ワクチン接種スケジュール(厚生労働省)

^