今日は6月定例月議会の一般質問の通告〆切日でした。今回、私は全体の16番目、6月22日(火曜日)午前10時30分頃から質問します。

2021/06/14

枚方市議会議員の奥野みかです。

2021(令和3)年6月定例月議会の一般質問は、6月18日・21日・22日・23日の4日間にわたって、28人の議員が行います。今回、私は全体の16番目、6月22日(火曜日)の2番目に質問します。(午前10時30分頃からの予定です。)

一般質問は、議員が、市政全般に対して市の見解を求め、疑問をただすものです。この機会をしっかりと活用できるよう、今週は、質問の準備に専念したいと思っています。

一般質問の順番、要旨は、次のとおりです。

一般質問要旨 (※クリックするとPDFが開きます。)

 

 

14 奥野みか(連合市民の会)

1.急傾斜地の崩壊による災害からいのちを守るために行政が果たす役割について
2.防災情報の見直しと地域の防災リテラシーの向上について
3.市立ひらかた病院における病室でのWi-Fi環境の整備について
4.地域福祉の担い手である民生委員が活動しやすい環境整備について
5.子宮頸がんとHPVワクチンについて
6.総合文化芸術センターの行政使用について
7.中宮浄水場更新事業について

 


 

【枚方市議会における一般質問の方法】

(1)1議員当たりの質問時間は30分(答弁時間含む)。
(2)1議員当たりの質問時間を所属議員数に応じて各会派に配分し、会派の持ち時間とする。
(3)各会派の所属議員は、会派の持ち時間内で質問することができる。

【会派等の所属議員数および持ち時間】

日本共産党議員団(4人)120分
連合市民の会(5人)150分
大阪維新の会 枚方市議会議員団(8人)240分
公明党議員団(8人)240分
自由・市民の会(3人)90分

^