#立憲ビジョン2019の概要をお伝えするショートムービーができました!

2019/07/09

全国各地でのタウンミーティングや立憲パートナーズへのアンケート調査をもとにつくりあげた、立憲民主党の参議院選挙公約「立憲ビジョン2019」の5つのビジョンの概要をお伝えするショートムービーです。
ボトムアップ経済ビジョン、多様性ビジョン、エネルギー・環境ビジョン、参加民主主義ビジョン、外交・安全保障ビジョン。
複雑化、多様化したいまの社会に求められているのは、一人ひとりのリアリティから出発するボトムアップの政治です。

参議院議員通常選挙の公示にあたって(枝野幸男メッセージ)

2019/07/04

2019年7月4日、参議院議員通常選挙の公示にあたって、枝野幸男立憲民主党代表からのメッセージを掲載します!

 

本日、第25回参議院議員通常選挙の公示を迎えた。
令和に改元して初めての国政選挙であり、アベノミクスによって傷んだ国民の生活を防衛し、暮らしの安心を回復させる重要な選挙である。

安倍総理と政府与党は、森友・加計問題、統計不正問題、自衛隊日報問題等で、隠ぺい、虚偽答弁を繰り返し、国会にも国民にも真実を語らないことが明らかになっている。それに加えて、この通常国会でも、日米貿易交渉や防衛装備爆買い問題、年金財政検証、さらに金融庁審議会の「老後2000万円問題」報告書の受け取り拒否等の課題が噴出するなかで、予算委員会の開会を拒否し続けてきた。また、アベノミクスの成果を必死に言いつのっているが、国民生活が一向に改善していないことは明白である。

現在の日本は、人口減少と高齢化、価値観やライフスタイルの多様化、生活の不安定化などの大きな変化にさらされている。さらに国際社会では、対立と分断が深刻化し、不透明性が増している。ひと握りの政治家による政治では、新しい令和の時代を切り拓くことはできない。

立憲民主党は、今回の参議院選挙において、女性候補を比例で45%、選挙区で50%擁立するとともに、障がい当事者、LGBT当事者、働く者など当事者性と専門性の高い候補者を擁立し、国会の景色を変えていく決意である。

また、「家計を重視する経済への転換」「多様性を力にする社会への転換」「参加型政治への転換」という3つのパラダイムシフトを実現し、価値観と社会のあり方を転換し、「#令和デモクラシー」の第一歩を踏み出す決意である。

 

新しい政治をつくる力は、あなたの中にある。
何度でも立つ。
あなたとともに。
立憲民主党はあなたです。

^